再生可能エネルギー普及促進事業 第二電力 株式会社

ニュースニュース

ニュース

2021年8月18日

「亀岡ふるさとエナジー株式会社」との連携事業により 保津川あられ本舗(渡辺製菓株式会社)に太陽光発電導入 亀岡市の脱炭素化への取り組みに貢献

第二電力株式会社(本社:大阪府大阪市中央区、代表取締役会長兼社長:岡本晋、以下第二電力)は、
亀岡ふるさとエナジー株式会社(本社:京都府亀岡市、代表取締役社長:桂川 孝裕、以下亀岡ふるさとエナジー)と連携し、保津川あられ本舗(渡辺製菓株式会社)霰(あられ)館工場に太陽光発電設備を設置、稼働を開始したことをお知らせ致します。

■亀岡ふるさとエナジーと第二電力の「自家消費型太陽光エネルギープロジェクト」

亀岡ふるさとエナジーは、京都府亀岡市や亀岡商工会議所及び市内民間企業が中心となって平成30年1月に設立された地域新電力会社で、亀岡市内の公共施設や民間事業者、一般家庭等に電力を供給しています。地域内の資金循環を促進しつつ、京都・亀岡メガソーラーや京都スタジアム発電所等、地域内で発電された太陽光を買い取るなど、脱炭素化に向けた取組みを行っております。

第二電力と亀岡ふるさとエナジーは、市内民間企業の屋根に太陽光パネルを設置し亀岡市内における再生可能エネルギーの利用拡大を促進する「自家消費型太陽光エネルギープロジェクト」を推進しており、この度の保津川あられ本舗の太陽光発電設備は、本プロジェクト初の市内企業による自家消費型発電設備となります。

■125.4kWの発電能力、年間33.8t-CO2の削減に貢献

設置された太陽光発電の規模はパネル容量で125.4kWとなり、年間で約34トンのCO2の削減効果を見込んでいます。
本設備は、第二電力の余剰売電型のPPA(Power Purchase Agreement)契約により導入しました。
余剰売電型モデルは、自家消費されなかった電力を売電することで設備の有効活用が図れ、電力利用料金の低減につながるモデルであり、工場等で休日の電力使用量が少ない需要家にとっても太陽光発電を導入しやすいモデルとなります。

【プロジェクト概要】
設置場所 保津川あられ本舗 霰館工場屋根(亀岡市大井町並河)
設置設備 太陽光発電パネル 125.4 ㎾
自家消費量(想定) 84,555kWh/年間
※PCS出力74.25kW×平均日照時間3.12h×365日にて算出
供給開始日 令和3年6月1日
CO2削減効果 33.8tCO2/年
※84,555kW×太陽光発電協会ガイドライン399.5g/kWhにて算

 

亀岡市は令和3年2月15日に「かめおか脱炭素宣言」を表明しました。亀岡ふるさとエナジーと第二電力は「自家消費型太陽光エネルギープロジェクト」 を通じて「かめおか脱炭素宣言」に貢献し、脱炭素社会の実現を推進していきます。

 


【自家消費型太陽光エネルギープロジェクト業参画企業について】

亀岡ふるさとエナジー株式会社
所在地:京都府亀岡市安町野々神8番地
設立:2018年1月
代表者:代表取締役 桂川 孝裕、芦刈 義孝
資本金:800万円
URL:https://kameoka.de-power.co.jp

渡辺製菓株式会社 保津川あられ本舗
所在地:京都府亀岡市大井町並河3丁目11-3
設立:1949年11月
代表者:代表取締役 渡邉 東高
資本金:3,000万円
URL:http://www.hozugawaarare.com

【第二電力株式会社について】

第二電力株式会社は、産業用太陽光発電設備に特化したソーラー発電事業者で、2020年度末時点で1,600を超える発電設備を設置しております。
2018年より太陽光発電パネルや蓄電池などの開発製造販売を基幹事業とする長州産業株式会社のグループ会社となり、両者が連携することで新たな価値を生み出しています。

代表者:代表取締役 岡本晋
所在地:大阪本社 〒540-0034 大阪府大阪市中央区島町2-1-15 ITビル8F
東京本社 〒141-0022 東京都品川区東五反田5-27-10 野村ビル8F

【問い合わせ先】
報道関係問い合わせ窓口:press@daini-den.co.jp
お客様お問い合わせ窓口:https://daini-den.co.jp/contact/

※1 第二電力のPPAサービス https://www.daini-den.co.jp/ppa/

ニュース一覧
次のニュース