再生可能エネルギー普及促進事業 第二電力 株式会社

FAQFAQ

よくあるご質問

どんな屋根が対象となりますか?
金属製の折板屋根か瓦棒屋根で、面積が116坪以上の建物が対象です。

  • ※エリアによっては対象外となる場合があります。
  • ※昭和56年6月以降に新築された建物に限ります。
  • ※その他、弊社が現場調査した後に設置可能と判断した建物に限ります。
なぜ電力料金が削減されるの?
日中に太陽光発電システムで作成された電気を自家消費することにより、電力会社より購入する電力量が削減されます。
太陽光で発電した電力を自家消費した場合、再エネ賦課金が掛かりませんので、その分電気代の削減につながります。 日中の太陽光発電の図
自家消費型太陽光発電システムはどのようなお客様に向いていますか?
一例として、昼間の電気使用量が多い、冷凍・冷蔵倉庫等を保有している、休業日が少なめ、などのお客様は電気料金の削減効果を期待できます。
屋根への取付け方法は?
屋根折板の形状により、屋根の突起(ハゼ)部分を金具で挟み込むタイプや、屋根に穴を開けボルトで固定するタイプがあります。
穴を開ける場合は、パッキン付きの屋根用のルーフボルトでしっかり止水を行い、必要に応じてコーキング処理も行います。
20年後の契約期間終了後はどうなりますか?
無償で譲渡いたします。

工期はどれくらいですか?
ご承諾をいただいてから完工まで約半年くらいです。
その内、実際の施工は小規模のもの(パワコン出力50kW程度)で約2週間です。
また、発電した電気をお客様でお使い頂く場合、既設キュービクルへの繋ぎ込みの為、停電工事が1日程度必要となります。
騒音は出ますか?
太陽光パネルからは音は出ませんが、パワーコンディショナーから冷却用のファンが回る音がします。家庭用エアコンの室外機並みの音量です。
設置後メンテナンスはどのようなことを行いますか?

初期検査と1年後点検以降3年毎に、4年後、7年後、10年後、13年後、16年後、19年後で初期検査を含めて合計8回(定期点検のみであれば7回)メンテナンスにお伺いさせて頂きます。

定期メンテナンス予定表

※遠隔監視装置を設置させて頂いておりますので、発電状況は常時確認しております。
万が一異常が有った場合は、定期メンテナンスとは関係なく早急にお伺いさせて頂き、原因追究と補修作業を行います。